糖尿病と痩せの大食いの密接な関係 いくら食べても太らないメカニズムとは?

大食いの女性

糖尿病は肥満の人がなるというイメージがあるかも知れませんが、糖尿病と肥満には直接の関係はありません。糖尿病になるとある理由がきっかけでむしろ太れなくなります。糖尿病になるといくら食べても太れないのです。

痩せの大食いでいくら食べても太らないという人は「糖尿病体質」が原因かもしれません。糖尿病体質とは何でしょうか?ここではどうして痩せの大食いと糖尿病が関係あるのかをご説明します。

スポンサーリンク

そもそも糖尿病ってどんな病気?

糖尿病という言葉は身近ですが、具体的に糖尿病ってどんな病気?と聞かれると意外と答えられないのではないでしょうか?

糖尿病はインスリンというホルモンの働きが悪くなる病気です。インスリンは糖分を細胞に受け渡してエネルギーに変換する大事な役割をしています。

糖尿病になってインスリンがうまく働かなくなると、食べ物を食べてもエネルギーに変換できなくなります。だから糖尿病になるといくら食べても太らないのです。正確に言うと「太れない」のです。

もともと肥満だった人も糖尿病になると痩せていきます。糖尿病になると食べ物から十分なエネルギーを摂取できなくなるため、蓄えていた脂肪や筋肉をエネルギーに変えていくからです。

痩せの大食いの人はインスリンの分泌が少ない可能性がある

「痩せの大食い=糖尿病」ではないのですが、いくら食べても太らない体質の人はインスリンの分泌が少ない傾向にあるようです。

糖尿病の人と同様の原理で、食べ物の糖分をエネルギーに変換する効率が悪く太らないのです。

痩せの大食いの人は、燃費が悪いと揶揄されることがありますが、それはあながち間違いではないかも知れません。痩せの大食いと言われる人は、糖尿病に注意しましょう。

なぜ「糖尿病=肥満」のイメージがあるのか?

肥満の人は血液中に流れる糖の量が健常者よりも多く、糖を分解するのに必要なインスリンの量も多くなります。常にインスリンの分泌が多くなると膵臓が疲労し、だんだんとインスリンが分泌できなってきます。

その意味で肥満は糖尿病の原因になるのは事実です。肥満⇒インスリンが分泌されなくなる(糖尿病)⇒だんだん痩せていく、というメカニズムです。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です