癌にも効果あり!1日1さじであらゆる病気を治す奇跡のヘンプオイル

ヘンプオイル

油は、糖分、たんぱく質、ビタミンなどと同様に人間が生きていく上で必須のものです。ただ、一口に油と言っても様々なものがあります。サラダ油、菜種油、ごま油。健康に気を使っている人なら、オリーブオイルや亜麻仁油、エゴマ油も手にしたことがあるかも知れません。

そんな数ある油の中で「自然界に存在する、最もパーフェクトな油」、「これと水さえあれば生きていける」と言われる油があります。それがヘンプオイルです。

スポンサーリンク

ヘンプオイルは何からできているの?

耳慣れないヘンプオイル。パーフェクトな油と言うと気になりますが、何の原料からできているのでしょうか?

驚くことなかれ、なんと、あのマリファナと同じ麻(大麻草)からできているのです。とは言っても、もちろんマリファナとは違う部分が使われ、幻覚作用のような危険性はありません。

また、日本では法律で大麻の服用が禁止されていますが、鎮痛作用を持つ大麻は世界各国で医療用として使用されています。

ヘンプオイルのどこがそんなにすごいの?

美肌効果がすごい!

ヘンプオイルの成分は人間の皮脂と近い構造をしています。そのため、ヘンプオイルをスキンケアとして使うと肌が潤いツルツルになります。

アトピーなどの皮膚病が治る!

ヘンプオイルに含まれている「γ(ガンマ)リノレン酸」という成分は、母乳など一部のものにしか含まれない貴重な成分です。この成分がアトピーの改善にとても効果があります。特にかゆみに対しては著しい効果があるようです。

癌の治療にも使われる!

ヘンプオイルを1日大さじ1~2飲むとあらゆる病気が改善すると言われています。中でも特筆すべきは、ヘンプオイルには抗がん作用があり、癌の治療にも使われているということです。

これさえあれば生きていける!

ヘンプオイルがパーフェクトオイルと言われる理由は、体に良いオメガ3系のαリノレン酸が多く含まれているからです。

αリノレン酸だけであればオリーブオイルにも含まれているのですが、オリープオイルよりもヘンプオイルが優れいている点として、たんぱく質、ビタミンE、カリウム、マグネシウム、鉄、亜鉛、カルシウム、リンなど豊富な栄養素を含むことです。そのためヘンプオイルと水さえあれば生きていけると言われます。

ヘンプオイルまとめ

ヘンプオイルはスキンケアとして使ってもよしドレッシングとして食用にしてもよしです。値段は少しお高いですが、健康を気遣ってサプリメントを服用することに比べればかなりのお値打ちです。

値段が気になるからと言って間違っても自分で麻を栽培しようとは考えないで下さいね。麻の栽培は日本では違法です。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です